精度を追求した地盤調査「表面波探査法」ならファインテック株式会社。「表面波探査法」はスウェーデン式サウンディング試験(SS式試験)より地盤改良工事の削減で大幅コストカットを実現する地盤調査です!

表面波探査法の特長

精度の高い地盤解析「表面波探査法」

表面波探査法

現在、「スウェーデン式サウンディング試験(SS式試験)」よりも効率よく正確に地盤の状態を調査することができる方法として、「表面波探査法」が注目を集めています。

「表面波探査法」とは

「表面波探査法」とは、物理探査の一種です。
地盤に人がわずかに感じ取れる程度の小さな地震を起振機で人工的に発生させ、地面の中を伝わる表面波(レイリー波)の速さを2つの検出器が計測を行い、コンピューターにその計測値を収集して解析を行います。

  • 表面波探査法では、結果がすべて数値で得られます。
  • 調査員の経験や判断に加えて、個人差のない客観的なデータが得られます。
  • 調査する場所は建物配置の4隅と中央の5箇所を測定します。

深さ10mまで、確実で高精度な調査ができる
深度10mまで、確実で高精度な調査ができる

礫やガラが混入している地盤でも、深度10mまで地耐力(地盤支持力+沈下量)が調査できます。
また、地盤を傷めない非破壊方式なので、地盤改良後の確認検査にも最適です。

安全・安価な基礎設計ができる

地盤状況を高い精度で把握できるため、的確な補強工事が可能となり、施主様に安全で安価な基礎設計を提案できるようになります。無駄な出費や地盤沈下の心配がないため、施主様も安心してお過ごしいただけるでしょう。

法律にのっとった調査

2000年度国土交通省告示第1347号で、建物の基礎の選定には沈下量を考慮することが定められました。つまり、住宅建築の際の地盤調査は、地盤支持力だけでなく沈下量を含む地盤調査を行うことが、法律上要求されているのです。
その点、表面波探査法では、地盤支持力しかわからないSS式試験とは違い、地盤支持力と沈下量の両方を調査することができます。国土交通省の告示をクリアできる、法律にのっとった調査法です。



表面波探査法で何がわかるのか?
深さ10mまで、確実で高精度な調査ができる

測定した表面波の伝播状況と速度を調べることで地層境界が解析され、地層ごとの支持力や沈下量が推定されます。これらを並べて地層構成を予測することで面的な解析が可能となり、不同沈下の可能性を極限まで予測できるようになりました。
そのため、不要な地盤改良や杭工事がなくても、十分安全という判断が可能となるのです。
これらの技術は、(財)先端建設技術センターの技術審査証明も受けています。

  • 地層境界がわかります。
  • 地層の傾斜や厚さがわかります。
  • 地層ごとの許容応力度(支持力:kN/m²)が算出できます。
  • 地盤の予想最大沈下量が算出できます。

これらの多くのデータ解析により不同沈下の可能性を判断するので、安全で必要十分な地盤対応策が可能になりました。

5箇所とも同じ作業の繰り返しになります。1棟の調査は2〜3時間程度です。
悪天候でも調査は可能ですが、測点に著しく水たまりがあると調査できません。
アスファルト・砂利面でも調査可能ですが、有筋のコンクリートは調査できません。
土質・水位はわかりません。

Page Top

地盤調査の結果に納得できない方へ無料でアドバイスいたします

点ではない「面」での調査

宅地地盤調査として広く行われている「表面波探査法」と「スウェーデン式サウンディング試験(SS式試験)」との大きな違いは、点ではなく「面」で調査していることにあります。
測定するのは、検出器と検出器の間の範囲(通常50cmもしくは100cmの円形の範囲)となります。礫や異物による部分的な情報ではなく、平均的な地盤情報を得ることができます。

点ではない「面」での調査

Page Top

地盤調査法の比較

住宅の地盤調査としては、「表面波探査法」と「スウェーデン式サウンディング試験(SS式試験)」が一般的です。
その他に大きな建築構造物のための「ボーリング(標準貫入試験)」などがあります。

地盤調査手法 調査の概要 結果の
信頼性
試験土質の
範囲
試験の
簡便さ
試験費用
表面波探査法 起振機と検出器で表面波(レイリー波)速度を測定し、地盤構成と地盤の強度、特性を把握する
スウェーデン式
サウンディング試験
スクリューポイントを地盤に貫入させ、そのときの貫入に要する荷重と回転数から抵抗値を測定する
ボーリング
(標準貫入試験)
ボーリングで穴を開け、レイモンドサンプラーを地中に打ち込む打撃回数(N値)を測定する

上記比較評価からも、「表面波探査法」が全体的に高い評価を受けていることがわかります。
また、この他にも「地盤改良工事の判定率が低いため、余分な費用が抑えられる」という点から、「表面波探査法」はSS式試験より高い評価を受けています。

表面波探査法

地面を揺らして、その『揺れ』が伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。
データの変化から地層の境界を読み取り、各層の支持力を判断します。

スウェーデン式サウンディング試験(SS式試験)

先端がスクリューになったロッドを回転させながら、25cmごとに地面に貫入させていきます。この回転数により地盤の硬軟を判断する方法です。

表面波探査試験 スウェーデン式サウンディング試験(SS式試験)

Page Top

地盤調査の結果に納得できない方へ無料でアドバイスいたします
Finetech 〒215-0005神奈川県川崎市麻生区千代ケ丘9-12-15 TEL:044-953-1211/FAX:044-953-1200
お問い合わせ

調査対応エリア

関東地方全域  
神奈川県  
横浜市、川崎市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相模原市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、小田原市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、南足柄市、秦野市、伊勢原市、愛川町、葉山町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、寒川町、大磯町、二宮町、城山町、藤野町、真鶴町、湯河原町

東京都   千葉県   埼玉県   群馬県   栃木県   茨城県  
中部地方全域  
長野県   山梨県  

東海地方全域  
愛知県   岐阜県   静岡県  

近畿地方全域  
大阪府   京都府   兵庫県   滋賀県   奈良県   和歌山県   三重県  

東北地方  
宮城県   山形県   福島県   秋田県   岩手県  
北陸地方全域  
新潟県   富山県   石川県   福井県  

中国地方  
鳥取県   岡山県